におうだち

今回の邪神三獄はヤリ縛り

テンの日(10日)なので邪神の宮殿が更新されました。今回の三獄はヤリ縛り(ジゴスパークを覚えている)です。ヤリが装備できる職業は僧侶・パラディン・どうぐ使いです。

オートマッチングで戦ってきましたが、パラディンの方は少ないです。一番多かったのが僧侶でした。職業別にオススメの動き方について紹介したいと思います。

必要耐性 呪い
推奨耐性 毒・マヒ・即死・闇属性



僧侶の動きについて

僧侶の基本は回復ですが、今回は攻撃もしなくてはいけません。

回復と攻撃を交互にしていれば良いでしょう。



どうぐ使いの動きについて

どうぐ使いの一番の仕事はグレイブホールをトラップジャマーする事です。

優先度は「トラップジャマー>超えられない壁>マジックバリア>強化>攻撃」です。



パラディンの動きについて

パラディンが2人以上いた場合は魔幻の芸術家を隔離する。

パラディンが1人の場合は闇耐性を積んでにおうだちで仲間をかばう。

必殺技「パラディンガード」を使ったら相手の怒りを維持できるように逃げる。

ダークレアリズムは怒り状態の場合仲間呼びをしないので怒りを維持する意味はあります。

闇属性耐性72のにおうだちで魔幻の芸術家の念じボールが1回20~30ダメージ程度になりました。

冥府の地鳴り

冥府の地鳴りもタイミングよくジャンプしてにおうだちする事でジャンプしていない仲間もかばう事ができます。



最後に

パラディンが楽しくて三獄を10周くらいしました。早いPTだと討伐タイムが6分台で終わりました。1回時間切れがありましたが、それ以外は全滅する事なく倒す事ができました。パラディンは闇属性耐性と呪い耐性があると活躍できると思います。



良い記事だと思ってもらえたら投票お願いします